知りたい!ヘッドハンティングされるエンジニアとは?

ヘッドハンティングされるエンジニアとは

質の高い優秀なエンジニアは、IT系企業にとって重要な資産です。優秀なエンジニアを欲している企業の人材採用手段のひとつがヘッドハンティングです。ヘッドハンターは企業の依頼を受けて、世の中からマッチする人材を探し出します。そのため、エンジニア自身に転職の意思がなくても、連絡が入ることになるのです。企業がほしがるエンジニア像には、技術分野に関わらず大きく3つの特徴があります。ヘッドハンティングされるエンジニアの特徴や習慣を紹介します。

ヘッドハンティングとは何か?

ヘッドハンティングされるエンジニアとは

ヘッドハンティングとは何か?

ヘッドハンティングとは、優秀な人材を欲しがる企業が直接あるいは間接に、特定の個人に接触して転職を促し、引き抜きを図る活動を意味します。外部からの評価がそれだけ高いという証であって、ヘッドハンティングにはこれまで以上の好条件が用意されていることが少なくありません。かつては経営幹部や役員、あるいは外資系企業にとっての足掛かりといった、ごく限られた一部に対して行われていましたが、今では優秀なエンジニアの争奪にも活用されています。

MORE

欲しがられるエンジニアの特徴は3つ

ヘッドハンティングされるエンジニアとは

欲しがられるエンジニアの特徴は3つ

エンジニアにとってヘッドハンティングを受けるということは、業界でもその名を知られるほど高い評価を受けているということです。特定の業界で造詣が深いエンジニアは、代わりになる人が少ないために重宝されますし、際立った技術力を誇るスペシャリストはもちろんのこと、事業開発力やマネジメント力を併せ持つエンジニアも魅力的です。もっとも社内外でその名を知られるためには、目立った成果を上げているということも大切です。

MORE

優秀な人は4つの習慣を持っている

ヘッドハンティングされるエンジニアとは

優秀な人は4つの習慣を持っている

ヘッドハンティングの対象となるような魅力溢れるエンジニアには、ある一定の習慣があります。自分の頭でとことん考え抜くことで地頭を鍛えたり、キーマンを知っていて独自のネットワークを持っていることや、自己満足せずにユーザー視点に立った仕事ができること、そして自分自身を客観視するという習慣です。ビジネスには、学生時代のような決まりきった質問に正解するという暗記ではなく、柔軟な発想や試行錯誤が大切なのです。

MORE

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。