エンジニア専門ヘッドハンターである管理人のプロフィール紹介です

管理人について

管理人について

社会のIT化の目覚ましい進展により、今やインターネットは生活に欠かせないものとなっており、またネット上には様々な魅力的なサービスが展開されています。いつでもどこからでもパソコンやスマホやタブレットから、多くの人が気軽にアクセス出来て、安全快適に利用可能という環境を整えて、更に充実したサービスの提供に各企業が乗り出しています。そのためこれまで以上にエンジニアの人手不足が深刻化すると予想されており、世界規模での争奪戦を引き起こしています。優秀なエンジニアであれば、場所を選ばず活躍することができる代わりに、技術革新のスピードも速く、競争も激しいのがIT業界です。技術の進歩に伴い、現場で求められるエンジニアの専門スキルや知識も高まっており、その分優秀なエンジニアにはヘッドハンティングの可能性もチャンスもあります。

エンジニアのヘッドハンティング

ネットビジネスが世界規模における勝者総取りの様相を呈する中、優秀なエンジニアの獲得には、いずれもしのぎを削っています。技術の流行廃れも激しく、トレンドに流されていては生き残るのが難しい業界ですが、その分高いスキルと知識を武器に、取引先などを通じて社内外にその名を知られるエンジニアが、ヘッドハンティングされる例も珍しくはないのです。そしてエンジニア専門のヘッドハンターとして、このような誰もが欲しがるエンジニアには、一定の特徴があることがわかります。

プライバシーポリシー

当サイトでは、利用者のプライバシーを尊重し、利用者の個人情報の管理には細心の注意を払って取扱います。なおここで個人情報とは、利用者個人に関する情報のうち、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、その他の記述等から特定の利用者を識別できるものを指し、またその情報のみでは識別できないとしても、他の情報と相まって、結果的に利用者個人を識別しうるものも含みます。このような個人情報は、エンジニアのヘッドハンティングに関する情報の提供に資するという、当サイトの利用目的以外に利用することはありません。当サイトでは原則として、利用者本人の同意なくその個人情報を第三者に提供することはありませんが、当サイトにおいて利用者が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合など、一定の場合には関係法令に反しない限度において、利用者の同意なく個人情報を提供することがあります。当サイトでは利用者から提供を受けた個人情報を、正確にデータ処理するよう努力しますが、提供された個人情報の内容が正確かつ最新であることにつき、利用者自身が責任を負うものとします。なお当サイトは、法令等の定めのある場合の他、当プライバシーポリシーを随時変更することがありますのでご了承ください。
お問い合わせ<<head_engineer@outlook.jp>>

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。