ヘッドハンティングされるエンジニアになるならフリーランスとして経験を積むことも大切

フリーランスの経験を積むことの大切さ

フリーランスの経験を積むことの大切さ

エンジニアとしての高い信頼を得るためには、それだけの経験が欠かせません。たとえどんなに高度で専門的な知識を頭に詰め込んでいるとしても、それを実際に現場で使うことがなければ、宝の持ち腐れです。特にヘッドハンティングされるということは、それだけ即戦力としての期待が高いということであって、求める企業側には、そうまでしても解決したい課題や実現したい将来設計があるということなのであり、そのためのノウハウは現場経験を通じて培うのが一番です。

フリーランスとしての武者修行

即戦力として活躍するという点において、フリーランスという働き方は理想的です。企業がフリーランスに求めるのは、高度で専門的なスキルや知識とともに、確かな現場経験であり、それによって企業側もエンジニアを労働者として拘束することなく、ある程度自由に任せることができるのです。フリーランスにとって、仕事の完成と引き換えに対価としての報酬を受け取ることになるのであり、頼れるのは己のみです。仕事を獲得しなければ、収入を得ることができず、従って生活することができないのであり、クライアントとの信頼関係を損なうような、どんな小さなミスも実力不足も許されないのです。エンジニアの仕事には、高度で専門的な知識も大切ですが、開発現場での柔軟な対応力も重要であり、これを身に付けるためには経験を積み重ねることが必要です。

仕事サーチ

高額案件が豊富にあります!|しごとサーチ
高額案件が豊富にあります!|しごとサーチ
「仕事サーチ」であれば、フリーエンジニア向けの中でもJAVAやPHPなどのweb案件や業務システム案件に強いという特徴があり、「非公開案件」や「独占案件」あるいは「予定案件」なども豊富に取り揃えています。

レバテックフリーランス

業界に精通したコーディネーターがいます!|レバテックフリーランス
業界に精通したコーディネーターがいます!|レバテックフリーランス
「レバテックフリーランス」は高いマッチング精度が特徴です。コーディネーターは深い業界知識を持っており、その知識を活かして現場とエンジニア双方のニーズを正確に把握されています。そのためギャップを感じることなく、自分に適した案件と巡り合うことができるでしょう。

Emilee(エミリー)

福利厚生サービスを利用できます!|Emilee
福利厚生サービスを利用できます!|Emilee
本来フリーランスには福利厚生がありません。しかし「Emilee」ではフリーランス協会への加入費用を全額負担してくれるため、そこで提供している健康サポートや子育て両立支援といった福利厚生サービスを受けることができます。その中には賠償責任補償も含まれており、万が一の際にも不安は少ないでしょう。

BIG DATA NAVI(ビックデータナビ)

AI・データ系の案件が豊富にあります!|BIG DATA NAVI

AI・データ系の案件が豊富にあります!|BIG DATA NAVI
「BIG DATA NAVI」はIT系の案件の中でも特にAIおよびビックデータの案件を扱っており、それ系統の案件を800件以上保有しています。またスクールや勉強会なども実施されているため、AIエンジニアやデータサイエンティストなどの専門職として今以上の成長を目指している人におすすめです。。

求人サイトの利用

もっともフリーランスとして仕事を獲得するためには、従来どおり人脈を使うことも、お互いに顔の見える範囲でコツコツと信頼関係を築くという点では捨てがたい手法ですが、最近ではネット上の求人サイトを利用することも一般化しているようです。たとえフリーランス自身には対外的な信用がなくても、求人サイトを通じてであれば、多くの案件の中から実力を発揮出来る案件を見つけることができるのであり、人脈を頼っているのでは中々手の届かないような案件にも挑戦できるのです。こうしてこれまでの人脈の外でも仕事を獲得することで、新たなクライアントを獲得し、その信頼を得ることができます。

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。