ヘッドハンティングされるエンジニアになるための知識

企業が欲しがるような人になるために

プログラミングなどIT系のスキルさえあれば将来安泰かと言えば、そんな時代はもう終わりつつあります。エンジニアとしていかにキャリアを積むか、自身の成長に貪欲になれるかによって、明暗が分かれます。作業者としてのエンジニアは淘汰される時代が来るでしょう。生産性をあげることができるエンジニア、常に成長し続けるエンジニア、チャレンジ精神旺盛なエンジニアであることが、今後の勝ち組エンジニアとして生き残る秘訣です。

成長する人としない人の違い

企業が欲しがるような人になるために

成長する人としない人の違い

エンジニアとしての自負があるのは結構なことですが、それをユーザーに押し付けるようでは、期待するほどの評価は得られないでしょう。どんな仕事にもそれを必要とする相手がいるということを忘れずに、その相手にとって価値ある仕事とは何かを、ユーザー視点に立って追求することで、エンジニアとして成長することができ、また高い評価を得られるようになるのです。ここでユーザー視点とは、単にエンドユーザーのことばかりではなく、開発に携わる人それぞれの立場を考えるという意味です。

MORE

どのようにして生産性をあげるか

企業が欲しがるような人になるために

どのようにして生産性をあげるか

外から見えにくいエンジニアの仕事において、生産性を上げるためには、少なくともあらかじめ仕事の完成から逆算して計画を立てて、実行することが大切です。計画を立てただけで満足せず、実行可能なタスクに細分化し、時には同時進行で進めながら、それぞれの時間配分を守るよう意識します。納期という時間制限のある中で、効率良く成果を上げるためには、やるべきこととやるべきではないこととを見極めて、取捨選択する必要があります。

MORE

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本

企業が欲しがるような人になるために

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本

優れたエンジニアになるためには、日々の勉強も欠かせません。「CODE COMPLETE」はプログラミング学習に有効です。現場目線の情報を含めて、ソフトウェアコンストラクションに関するベストプラクティスの習得に役立ちます。「ソフトウェアの世界でキャリアを築く」は、ソフトウェア技術者としての指針を示すものです。そして「7つの習慣」は、一般向けのビジネス書ですが、エンジニアにとっても効果的な良い習慣を身に付けるヒントになります。

MORE

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。