エンジニアは外資系企業のヘッドハンティングには慎重に

外資系への転職は要注意

外資系への転職は要注意

エンジニアが世界的に人材不足に陥っており、そのため各地でエンジニアの争奪戦が繰り広げられています。優秀であれば国境を越えて活躍の場は広がっており、また日本国内においても、外資系企業への転職を成功させているエンジニアの例も珍しくありません。しかしやはり企業風土に文化の違いが表れるなど、注意が必要です。

外資系IT企業の特徴

まず外資系として特徴的なのは、仕事の上で個人の裁量が大きいことが挙げられます。そのため日本のように常に上司の指示を仰がなければ仕事が進まないという煩わしさからは開放されますが、その分自分自身の判断には責任を負うことになります。実力主義であり、常に自己主張をしなければ、組織の中で埋没してしまいます。仕事の進め方はスピーディでありながら、日本のような「言わなくても分かる」といった甘えは許されません。また経営陣といえども株主に対する責任を強く意識せざるを得ないため、事業の透明性も高いといわれています。期待される成果を上げられなければクビになる反面、若くても実力を認められれば、それ相応の待遇で報いられるよう設計されています。例えば外資系では給与の他に、RSUという譲渡制限付き自社株取得権を付与されることがあったり、あるいは健康保険や退職金など、日本の企業よりもよほど手厚い福利厚生を用意している場合もあるなど、企業ごとに環境が異なっているようです。

外資系IT企業で求められるもの

そしてこのような外資系でエンジニアに求められるものとしては、広く浅く万遍のない知識よりは専門特化した知識であり、またビジネス上で不自由しないだけの英語力も必要です。日本国内勤務とはいえ、グローバルに展開する企業であるため、求められる技術は飽くまで世界水準であり、実力不足は言い訳にもなりません。そして自分の頭で考えて自分なりの結論や判断を出す能力が評価されるなど、これまでの日本企業における経験とは大きく異なる雇用環境に手こずる面もあり、人によっては実力はありながら上手く馴染めないなど、憧れや好条件だけでは割り切れない複雑な事情もあるようです。

ヘッドハンティング会社を味方に

このような慣れない外資系IT企業からのヘッドハンティングであっても、よりグローバルな舞台において活躍するチャンスの到来に、話だけでも聞いてみようと考えるのであれば、出来る限りヘッドハンターから情報を入手することです。なんといっても当の求人企業や人事担当者についての情報を掴んでいるのは、スカウトの依頼を受けたヘッドハンティング会社です。エンジニアに求めるのと同じぐらい、支払う費用に見合った成果を厳しく求める外資系との付き合いのあるヘッドハンティング会社から、外資系との付き合い方を学んでおいて損はありません。

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。