エンジニアは要チェック!ヘッドハンティングされたときの注意点をご紹介

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

もし今、見知らぬスカウトマンからヘッドハンティングの連絡が入ったら、あなたはどう対応しますか?いざという時に慌てずに済むよう、ヘッドハンティングをされたときの注意点をいくつか紹介します。ヘッドハンティングというと、好条件の転職をイメージしがちですが、必ずしもあなたにとって良い話であるとは限りません。あくまでも冷静に条件をきちんと確認することが大切です。不意をつかれて思わぬ落とし穴にはまったり、予想外の失敗を招いたりすることもあるので、注意が必要です。

失敗を防ぐための基本

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

失敗を防ぐための基本

エンジニアとしてヘッドハンティングの声が掛かったとしても、それだけで舞い上がってしまい、冷静な判断力を失うようでは危険です。誰しも現状には不満があるのもですが、理想ばかりを熱く語られても、そんなうまい話は世の中にまずありませんし、その割に現実的な待遇の話が出ないようであれば、裏があると疑ってかかる必要があるでしょう。一度転職してしまえば引き返すことはできないのであり、話とは全然違うと分かってからでは遅いのです。

MORE

スカウトの連絡が来たら

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

スカウトの連絡が来たら

エンジニアの人材不足から、ターゲットを定めて一本釣りにするようなヘッドハンティングが有効に活用されています。求人企業が名指しで、ヘッドハンティング会社を通じて個人の自宅や携帯に連絡があれば、真剣なアプローチと考えられます。また会社宛であっても、ヘッドハンティング会社が独自の情報網から、求人企業の用意するポジションに合う人材をリストアップしているのかもしれません。このように連絡の内容から、どこまで真剣なアプローチなのかを、推し量る必要があります。

MORE

会う前にしておくべきこと

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

会う前にしておくべきこと

ヘッドハンティングの話は突然やって来るものであり、そもそもその話を持ち込んで来たヘッドハンティング会社が信頼できるのかどうかも分かりません。そこですげなく断るのでない場合には、少なくとも信頼できるかどうか、そしてその実績や得意分野など、できるだけ情報を掴んでおく必要があります。一度会うというのであれば、知りたいことを聞き出す準備とともに、経歴や希望条件などを簡単に説明できるようにしておきましょう。

MORE

外資系への転職は要注意

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

外資系への転職は要注意

エンジニアは世界的に不足しており、その争奪戦も世界規模で起こっています。日本国内にも外資系IT企業が進出しているため、外資系からのヘッドハンティングも夢ではありません。しかし日本の国内企業とは企業風土が異なるなど、職場環境や仕事の進め方や処遇などにおける違いに、転職してから戸惑う人も少なくないようです。そのためヘッドハンティングに興味を覚えたのであれば、このヘッドハンターを上手い橋渡し役として活用することが大切です。

MORE

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。