目指すはヘッドハンティングされるエンジニア

ヘッドハンティングされるエンジニアの習慣

長く人手不足に悩むIT業界において、優秀なエンジニアはあちこちから引っ張りだこです。求人市場は右肩上がりに活況で、転職がキャリアアップの手段となっています。ヘッドハンティングで着実に年収をアップさせていくエンジニアもいます。ヘッドハンティングされるエンジニアにはどのような特徴があるのか、そもそもヘッドハンティングとは何なのか?ヘッドハンティングの基礎知識を紹介します。

ヘッドハンティングされるエンジニアの習慣

管理人について

社会におけるIT化が進み、将来的にも増々エンジニアの人手不足が深刻化すると予測される中、世界の舞台で活躍できる優秀なエンジニアの争奪戦が繰り広げられています。そこで当サイトでは、ヘッドハンティングされる魅力的なエンジニアの特徴などの情報を提供します。なお当サイトでは関係法令を遵守して、利用者のプライバシーを尊重し、またその個人情報の管理を徹底するための指針とすべく、プライバシーポリシーを定めています。

管理人についてを見る

ヘッドハンティングされるエンジニアとは

ヘッドハンティングが転職サイトのスカウトとは決定的に異なる点として、「本人に転職の意思がなくてもスカウトされる」という特徴があります。ヘッドハンティングされる場合、ある日突然、ヘッドハンターから連絡が入ることになります。ヘッドハンティングされやすいエンジニアの特徴は大きく3つありますが、そのような優秀なエンジニア達は似たような習慣を持っていることが多いようです。ヘッドハンティングされるということは、優れたエンジニアとして認められたということです。

ヘッドハンティングされるエンジニアとはを見る

企業が欲しがるような人になるために

企業がほしがる人材とは、利益に貢献する人材です。これはエンジニアであっても同じことです。生産性の低いエンジニアよりも生産性の高いエンジニアの方がより利益貢献度が高いことは明白です。さらに、エンジニアとしての経験値を積み成果をしっかりと出すことに貪欲になることもキャリアを積んで成長していく上では必要なことです。ベテランエンジニアであっても、成長がのぞめないエンジニア、停滞しているエンジニアには魅力がありません。

企業が欲しがるような人になるためにを見る

ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

ある日突然連絡が入るのがヘッドハンティングです。突然のことで慌ててしまい、冷静に対応できなかったり、つい舞い上がってしまって思わぬ失敗を招くこともあります。ヘッドハンティングだからと言って必ずしも良い話とは限りません。落ち着いて冷静に見極めることがヘッドハンティング転職成功のポイントです。ここでは、スカウトの連絡が来たら確認すべきチェックポイントや、ヘッドハンターと会う前の準備など、ヘッドハンティングされた際の注意点をご紹介します。

ヘッドハンティングの際に注意すべきことを見る

PICK UP トピックス!

外資系への転職は要注意
外資系への転職は要注意
ヘッドハンティングの際に注意すべきこと

エンジニアの人材不足は、日本に限ったことではありません。むしろ世界規模での争奪戦は激化しており、また日本国内においても外資系IT企業によるヘッドハンティングが活発に行われています。エンジニアとしては憧れもあるでしょうが、国内企業とは企業風土も文化も異なり、上手く馴染めずにせっかくの実力を発揮出来ずに終わってしまうリスクもあります。そこで外資系からのヘッドハンティングに対しては、ヘッドハンターから上手に情報を引き出すことも必要です。

優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
優秀なエンジニアになるために熟読すべき本
企業が欲しがるような人になるために

エンジニアとして活躍するための下地を作るには、本から学ぶ姿勢も大切です。プログラミングに関しては、「CODE COMPLETE」によって現場でも通用する知識を身に付けられますし、ソフトウェア技術者としての道しるべには、「ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software」が大いに役立ちます。そして何より一ビジネスパーソンとして是非とも身に付けておきたい習慣を、「7つの習慣-成功には原則があった!」は示しています。

優秀な人は4つの習慣を持っている
優秀な人は4つの習慣を持っている
ヘッドハンティングされるエンジニアとは

エンジニアとして高い実力を誇り、社内外にその名を知られるような実績を上げて、ヘッドハンティングの対象になる優秀な人材には、共通した習慣があります。すなわち自分の頭で考え抜く、キーマンを知る、ユーザー視点を持つ、自分を客観視するというものです。安易に答えを誰かに求めず、かといって自己完結する必要はないため、必要な情報を持っている人を見つけ出して、積極的に関わることは大切です。そして自己満足ではなく、ユーザーの視点に立ち、仕事や自分を見つめる必要があります。